管理人イチオシのスマホゲーム!(ここをタップで表示!)

【シャドウバース】は面白い?魅力や特徴、攻略法、口コミを紹介した!

当ページのリンクには広告が含まれています

『シャドウバース』は、Cygamesが開発・運営するカードゲームです。

iOS/Android両方に無料でダウンロードできます。

2022年3月にリリースされました!

デブ猫
今回はそんな『シャドウバース』をレビューしていきます♪

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ

目次

【シャドウバース】魅力と特徴

自分だけのデッキをを構築してデュエルに挑戦することができる

『シャドウバース』では、お互いのライフを20と定めて先に相手のライフを0にしたプレイヤーが勝利というシンプルなカードゲームです!

毎ターンカードを1枚山札からドローしていき、手札に加えたカードをフィールドに召喚していきます。カードを召喚する際にPP(プレイポイント)と呼ばれるコストを消費する必要がありますが、カードの効果によってはPPを消費せずにフィールドにカードを召喚することもできます。

カードは4種類あります。攻撃力(ATK)、体力(HP)、特殊能力(SP)です。攻撃力や体力は数字で表されており、相手よりも高い方が有利です。特殊能力は文字や記号で表されており、さまざまな効果を持ちます。

例えば、「「炎」や「氷」、「雷」、「闇」、「光」、「風」、「土」などです。これらの特殊能力は相手や自分自身や場所などに影影響します。

カードはパックから購入したりパック内から入れ替えたりすることができます。パック内から入れ替える場合はランダム性がありますし、入れ替えられない場合もあります。

また、パック内から出す場合はランダム性もありますし、出せない場合もあります。そのため、自分だけのデッキを作るためにはパック内から出す必要がある場合も多くあります。

全国のプレイヤーとと熱い対戦をを繰り広げることができる

『シャドウバース』では、主に3種類の方法で全国のプレイヤーと対戦することができます。

  • ランクマッチ:自分のランクに応じた相手と対戦します。勝利するとランクポイントが増え、敗北すると減ります。ランクポイントが一定の数値に達するとランクが上がります。ランクはEから始まり、D、C、B、A、AA、AAA、Master、Grand Masterと上がっていきます。ランクが上がると報酬がもらえます。
  • フリーマッチ:ランクに関係なく自由に対戦できます。勝敗による報酬やペナルティはありません。自分のデッキを試したり、友達と遊んだりするのに適しています。
  • グランプリ:期間限定で開催される特別な対戦イベントです。参加するにはチケットが必要ですが、初回は無料で参加できます。チケットはログインボーナスやミッションで入手できます。グランプリでは、5回の対戦を行い、その勝敗に応じて報酬が決まります。最高の報酬は、5回とも勝利するともらえる「優勝」です。グランプリにはさまざまなルールが設定されており、毎回違った楽しみ方ができます。

全国のプレイヤーと対戦することで、自分のデッキの強さや弱点を知ることができます。また、相手のデッキや戦略を観察することで、自分のデッキを改良したり、新しいデッキを作ったりするヒントを得ることができます。

さらに、対戦中にはチャット機能があり、相手とコミュニケーションを取ることができます。チャットには、挨拶や感謝、褒め言葉や慰めの言葉など、さまざまなメッセージが用意されています。相手に敬意を払って、礼儀正しく対戦しましょう。

美美麗なグラフィックや豪華声声優陣に引き込まれる

『シャドウバース』のもう一つの魅力は、美美麗なグラフィックや豪華声声優陣です!

カードのイラストは、Cygamesの人気作品『グランブルーファンタジー』や『プリンセスコネクト!Re:Dive』などの作家陣が手がけており、細部までこだわり抜かれた美美しい作品が揃っています。

カードのイラストは、カードの種類や特殊能力に合わせて、さまざまな色彩や雰囲気が表現されており、見ているだけで楽しめます。また、カードのイラストは、カードを召喚すると動き出すアニメーションになっており、カードの魅力をさらに引き立てています。

カードの声は、豪華声声優陣が担当しており、カードのキャラクターを生き生きと演じています。カードの声は、カードを召喚するときや攻撃するとき、効果が発動するときなど、さまざまな場面で聞くことができます。

カードの声は、カードのイラストや特殊能力と合わせて、カードの個性や世界観を表現しています。カードの声は、カードの魅力をさらに高めています。

【シャドウバース】攻略のコツ

自分のデッキの特徴や戦略を理解すること

『シャドウバース』では、自分のデッキを構築する際に、7つのクラスから1つを選ぶ必要があります。クラスは、それぞれに特徴的なカードや特殊能力を持ち、異なる戦略を取ることができます。クラスは、以下の通りです。

  • ロイヤル:兵士や騎士などの多数のフォロワーを召喚して圧倒するクラスです。フォロワー同士の連携や指揮官の効果を活かして、相手の陣形を崩します。
  • ドラゴン:ドラゴンや竜族などの強力なフォロワーを召喚するクラスです。PPを増やしたり、オーバーフローの効果を発動させて、早期に強力なカードを出します。
  • ウィッチ:魔法や錬金術などのスペルを使うクラスです。スペルブーストの効果を発動させて、スペルのコストを下げたり、効果を強化したりします。
  • ネクロマンサー:死者や不死者などのフォロワーを召喚するクラスです。ネクロマンスの効果を発動させて、墓場のカードを利用したり、強力なカードを出したりします。
  • ビショップ:天使や聖職者などのフォロワーを召喚するクラスです。カウントダウンの効果を発動させて、アミュレットの効果を引き出したり、回復や防御を行ったりします。
  • ネメシス:人形や機械などのフォロワーを召喚するクラスです。アーティファクトの効果を発動させて、デッキや手札に特殊なカードを加えたり、強力なカードを出したりします。
  • ヴァンパイア:吸血鬼や悪魔などのフォロワーを召喚するクラスです。ヴェンジェンスの効果を発動させて、自分のライフを危険にさらしながら、強力なカードを出したり、相手のライフを奪ったりします。

自分のデッキのクラスを選んだら、そのクラスに合ったカードを選んでデッキを構築します。デッキは40枚のカードからなり、同じカードは最大3枚まで入れることができます。

相手のデッキの特徴や戦略を予測すること

『シャドウバース』では、自分のデッキだけでなく、相手のデッキも重要です。相手のデッキの特徴や戦略を予測することで、自分のデッキの対策や優先順位を決めることができます。相手のデッキの特徴や戦略を予測するには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 相手のクラスを確認する:デュエルが始まる前に、相手のクラスが表示されます。相手のクラスを確認することで、相手のデッキの大まかな傾向や可能性を把握することができます。例えば、「ロイヤル」の場合は、多数のフォロワーを召喚する可能性が高いですし、「ウィッチ」の場合は、スペルを多用する可能性が高いです。
  • 相手のカードを観察する:デュエル中に、相手が出すカードを観察することで、相手のデッキの詳細や戦略を推測することができます。例えば、「ドラゴン」の場合は、オーバーフローの効果を持つカードを出すと、オーバーフローが発動したことが分かりますし、「ヴァンパイア」の場合は、ヴェンジェンスの効果を持つカードを出すと、ヴェンジェンスが発動したことが分かります。また、相手が出すカードのコストや種類によって、相手のデッキのカーブやコンセプトを推測することもできます。
  • 相手の行動を分析する:デュエル中に、相手が取る行動を分析することで、相手のデッキの目的や計画を推測することができます。例えば、相手が攻撃をしないでパスする場合は、相手の手札に出せるカードがないか、相手が後半に強力なカードを出すために待っているかのどちらかですし、相手が自分のフォロワーを無視して自分のライフを攻撃する場合は、相手が早期に勝利を狙っているか、相手が自分のライフを減らしてヴェンジェンスを発動させるかのどちらかです。

相手のデッキの特徴や戦略を予測することで、自分のデッキの対応や妨害を行うことができます。また、相手のデッキの強みや弱点を見つけたり、相手のデッキの改善点や問題点を見つけたりすることもできます。相手のデッキに敬意を払って、デュエルを楽しみましょう。

【シャドウバース】レビューまとめ

『シャドウバース』は、Cygamesが開発・運営する対戦型オンラインカードゲームです!

自分だけのデッキを作って全国のプレイヤーと対戦することができます!

美麗なグラフィックや豪華声優陣にも注目です♪

ゲームのルールはシンプルですが、進化や特殊能力などの独自要素があり、戦略性が高いです!

e-sportsの競技としても人気があり、多くの大会が開催されています♪

デブ猫
気になった方は是非遊んでみてください♪

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる