管理人イチオシのスマホゲーム!(ここをタップで表示!)

リッチアニメRPG「カウンターサイド」をレビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています

今回は2021年12月16日に配信開始したスマホゲーム「カウンターサイド」のプレイ評価レビューになります!

カウンターサイド

カウンターサイド
開発元:NEXON Company
無料
posted withアプリーチ

 

目次

「カウンターサイド」がおすすめ理由

このゲームは、タワーディフェンス形式の横スクロール型アプリで、
感覚としては「やたら派手なにゃんこ大戦争」といった感じです。

登場キャラは誰も彼もが個性的で、声当てをしている声優さんたちも有名どころばかり!
必ず推しのキャラクターが見つかると思います。

また2Dアニメーションのクオリティーが非常に高く、
表情から指先までとても滑らかに動きます。

女性キャラになると胸元が分かりやすく揺れています。
世界観は硬派ですが、美少女要素がそこそこ強めではあるかと思います。

 

そしてこのゲーム最大の売りは、何と言ってもストーリーの奥深さにあると言えます。

ざっくり説明すると、この世界とは異なる次元に
人知を超えた化け物が存在しており、最近になって世界が干渉し合う様になったためそいつらがこちらの世界に入り込んでくるようになった。

これを阻止すべく人類は「ウォッチ」という特殊装備を開発。これにより人としての限界を超えた能力を有した戦闘員たち、通称「カウンター」が生み出され、世界を守るための戦いが始まったのだった。という感じです。

本編も非常に作り込まれており先の展開が気になってしまうのですが、
サブストーリー、いわゆる外伝が本当に素晴らしいんです。

主要キャラたちの過去に関する話や本編では触れられなかったキャラごとの詳細な背景。

そして主人公の正体等々、どれ一つとっても
不出来なものは無く最後まで見入ってしまえるストーリーばかりとなっています。

正直あまりメジャーなタイトルではないと思いますが、最近になってアニメとのコラボも決まったらしく、
今後の展開次第ではどんどん
知名度が上がっていくのではないかと期待しています!

「カウンターサイド」をやる際に気をつけたいこと

この作品は韓国のゲーム会社ネクソンの開発・運営です。
そのため日本で配信されるよりもずっと前から本国である韓国で配信が行われていたということもあり、

海外の攻略サイトが非常に充実しています。

まだ実装されていないキャラクターやおすすめの装備などが色々と紹介されているため、
国内の攻略サイトよりもそっちを使うようにしています。

加えて、このゲームはギルドバトルなどの協力プレイがありはするものの
基本的にはシングルプレイが中心なので、マイペースに進めることが大切かと思います。

例えばアップデートにより新ガチャが実装されると、なぜかものの一時間後くらいにアリーナ(対人戦)で完凸状態の新キャラが出てきたりします。

これはガチャチケットと育成素材を大量に準備しているガチ勢が割と多いためで、その日の内に育成を完了させる
プレイヤーは割と多くいます。

なのでそういったプレイヤーと張り合おうとすると非常に大変なので、「自分は自分、ガチ勢はガチ勢」と
割り切って遊ぶ必要があるでしょう。

もう一つ必要な割り切りとして、高難易度クエストがあります。ストーリーモードの比ではない強力すぎる敵キャラを、時間内に倒すというモードやステージが多数実装されているのですが、一部が明らかに異常なのです。

配信初期からやっているプレイヤーですらクリアの方法が思い付かないというレベルで敵が強く、いわゆる「決まり切ったパーティー」でないと攻略できなかったりするのです。

海外の攻略サイトでも、「このステージをクリアできたチーム編成は現時点で二種類しか存在しない」と表記してあるなど、明らかにやり過ぎな難易度となっています。

なのでこういったステージを軒並み無視することが、楽しむ上で重要ではないかと思っています。

「カウンターサイド」は一度やるとハマってしまう

このゲームはキャラクターの個性やアニメーションが大変すばらしいと思っています。

今時2Dのぬるぬるアニメーションや声優の演技が巧みな作品など珍しくも無いでしょう。

ですがキャラクター一人一人の作り込みは他の作品の一段階上を行っていると豪語できるくらい、
細やかにして深い設定が見え隠れしているのです。

また、いわゆる「スキン」もかなり手が込んでおり、見た目だけでなく必殺技を発動する際のカットインやセリフが大きく変化するなど、
キャラクターにより愛着を持ってしまう作りをしています。スキンはキャラごとにイメージ通りのものもあれば、元々の衣装とは正反対の印象を抱かせるものもあります。

これもまたキャラクターの見方が変わる要因となっています。

ここまでキャラやそのグラフィックばかりを語りましたが、
やはり一番のセールスポイントは「ストーリー」でしょう!

今まで様々なスマホアプリをやってきましたが、ここまでストーリーに引き込まれたゲームはありませんでした。

今この瞬間に「アニメ化決定!!」というアナウンスがあっても不思議無いレベルでハイクオリティーな出来となっています。

少し前には、期間限定のイベントとして敵キャラのストーリーもありました。
より正確に言うと、敵として登場していたキャラが
「なぜそうなってしまったのか?」というまだまともだった頃を振り返る話でしたが、
正直かなり意外な展開でした。

これに関してもう一つ付け足すと、変わる前と後でそれぞれプレイアブルキャラ化しているのが最も驚きでした。

そんなわけで、自分は世界観を楽しむゲームとしてこの作品を推したいと思います。
普段はストーリーなんて見ない、読まないといった方にこそプレイしてみて欲しいです。

カウンターサイド

カウンターサイド
開発元:NEXON Company
無料
posted withアプリーチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる