管理人イチオシのスマホゲーム!(ここをタップで表示!)

【文明と征服:EOC】は面白い?魅力や特徴、序盤攻略を紹介した!

当ページのリンクには広告が含まれています

『文明と征服:EOC』は、9つの文明から一つを選んで自分だけの国づくりができる戦略シミュレーションゲームです!

EOCとは「Era of Conquest」の略で、「征服の時代」という意味があります。他のプレイヤーと競争しながら、領土を拡大し、資源を管理し、英雄を育てていきます。120km×120kmの広大なマップには、山や谷などの地形があり、自由に兵士を移動させることができます。

また、同一サーバー上で6000人の同時バトルが可能で、壮大な戦闘シーンを楽しむことができます。文明と征服:EOCは、PC版とスマホ版があり、クロスプレイができます!

デブ猫
今回はそんな『文明と征服:EOC』をレビューしていきます♪
目次

【文明と征服:EOC】魅力と特徴

好きな文明を選べる

9つの文明から一つを選ぶことができます。それぞれに特色があり、歴史的な英雄や兵種、建築物などが登場します。例えば、日本文明では武田信玄や豊臣秀吉などの英雄や、武士や忍者などの兵種が使えます。また、城や神社などの建築物もあります。

また、広大なマップには様々な地形があります。山や谷などの地形は戦略に影響します。例えば、山に隠れて敵を奇襲したり、谷を通って敵を迂回したりすることができます。また、マップにはグリッド表示がなく、行動力も消費しません。そのため、兵士を自由に移動させることができます。

大規模な同時バトルが可能

6000人の同時バトルが可能です。同一サーバー上で他のプレイヤーと戦うことができます。大規模な戦闘シーンは迫力満点です。また、連盟を組んで協力することもできます。連盟員とチャットしたり、資源を分け合ったりすることができます。

資源略奪されない仕様です。他のプレイヤーに攻撃されても、資源は減りません。そのため、安心してゲームを楽しむことができます。また、寝ている間にお城が破壊されることもありません。

クロスプレイが可能

PC版とスマホ版があり、クロスプレイができます。PC版では大画面でグラフィックや操作性を楽しむことができます。スマホ版ではどこでも遊ぶことができます。同じアカウントでクロスプレイすることも可能です。

【文明と征服:EOC】序盤攻略

文明選びは慎重に

文明を選ぶ際には、自分の好みや戦略に合ったものを選びましょう。文明によって英雄や兵種、建築物などが異なります。例えば、日本文明は機動力や奇襲に優れていますが、防御力や火力に劣ります。また、英雄はレア度やスキルによって強さが変わります。英雄を育てるには、経験値や装備品などが必要です。

資源を効率的に集めよう

資源を効率的に集めましょう。資源は領地内やマップ上で採集することができます。資源は建築や研究、兵士の訓練などに必要です。資源を集めるには、採集速度や貯蔵量を上げることが有効です。また、連盟員と資源を分け合うこともできます。

戦略を立てよう

戦闘では策略を駆使しましょう。戦闘では兵種や地形、陣形などが重要です。兵種には相性があり、例えば歩兵は騎兵に弱く、弓兵に強いです。地形によっても戦闘力が変わります。例えば、山では歩兵が有利で、平原では騎兵が有利です。陣形によっても戦闘効果が変わります。例えば、突撃陣形は攻撃力が上がりますが、防御力が下がります。

連盟に参加しよう

連盟に参加しましょう。連盟に参加すると、他のプレイヤーと協力することができます。連盟員とチャットしたり、援軍を送ったり、資源を分け合ったりすることができます。また、連盟イベントや連盟戦争などの特別なコンテンツも楽しむことができます。

【文明と征服:EOC】口コミ

マップが広くて自由度が高いです。他のプレイヤーと戦ったり協力したりするのも楽しいです。ただ、最初は資源集めが大変でした。

文明ごとに特色があって面白いです。日本文明で武田信玄や豊臣秀吉を使っています。グラフィックも綺麗で操作も簡単です。

6000人の同時バトルは圧巻です。大規模な戦闘シーンは迫力満点です。連盟員と一緒に戦うのも楽しいです。

資源略奪されないのは嬉しいです。他のゲームでは寝ている間に攻撃されてイライラしていましたが、このゲームでは安心して遊べます。

【文明と征服:EOC】レビューまとめ

『文明と征服:EOC』は、広大なマップと多様な戦略の組み合わせが魅力的な戦略シミュレーションゲームです!

9つの文明から一つを選んで自分だけの国づくりを楽しむことができます♪

戦略や協力が重要なゲームなので、頭脳と仲間と一緒に楽しむことができます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる